Vファーレン長崎柏スタジアム応援 【会長 増山義也】

去る8月25日(土)J1リーグVファーレン長崎は、三協フロンテア柏スタジアムで
柏レイソルと対戦しました。
今季関東地区での最終戦となり、専門部会「Vファーレン長崎応援隊」の先遣隊として
有志14人が参集して懸命な応援を繰り広げてまいりました。
有志14人のうちお一人の方は、偶然隣合わせになり言葉を交わしていましたら44年卒の同窓生と分かり急遽仲間に加わっていただいた次第です。
試合結果は、先取点をあげたのですが応援むなしく柏レイソルに敗れてしまいました。

初めて集団でスタジアム応援をしたのですが、スタジアムのホームアウェイの応援席構成、
応援席入場券の購入(場所、方法、連番席等)、駅からスタジアムまでの経路と交通手段、
飲み物や応援グッズの持ち込み制限等大変勉強になりました。
今後本格的な展開をするため経験を積み重ねて備えていきたいと思います。

掲載写真のとおり、忙しい中Vファーレン長崎社長高田明君は広いスタジアムのビジター指定席の東京同窓会の座席までお越しになりました。
各応援メンバーにお礼の声をかけたり握手をしたりしました。
そして、それぞれ写真を撮り精一杯の笑顔を添えて「応援に来ていただきありがとうございます。」と感謝の言葉をもらいました。

Vファーレン長崎は、現在厳しい戦いを強いられています。
しかしながら、社長高田明君の一番の持ち味は全てに前向きな考え方をする人です。
きっと彼は、この試練に耐えて素晴らしいチームを作り上げるだろうと確信しています。
どうぞ、猶興館東京同窓会は同窓生のチームであるVファーレン長崎をこれからも応援し続けていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

猶興館東京同窓会 会長 増山義也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。